4次元人になる?時間軸をずらして人を観る 認定コーチ小松範之


認定コーチ小松範之

 

 

時間軸をずらすと何がいいか?

それは、物事を立体的に

観ることができるということです。

 

立体的に観ることができれば、

抽象度が上がります。

 

その結果、一つの物事から

たくさんの側面が見えるようになります。

 

たくさんの側面が見えれば、

一つの物事に対して

 

いろんな働きかけができるようになります。

 

時間軸をずらすというのは、

過去や未来を自由に

行き来してみるということです。

 

あなたも日常的にやっていますよね?

 

例えば、

「お昼ご飯は何にしようか?」

「昨日の映画は面白かった。」

などです。

 

これを、人に対してやってみるんです。

たいていは、

その人のことがとても大事に思えてきます。

 

いろんな興味が湧いてくるからです。

そして、今まで興味のなかったことが

知りたくなります。

 

実は、コーチングもそこから始まります。

 

この人のゴールは何だろう?

と思うことが

コーチングの始まりなのです。

 

時間軸をずらして人を観て、

自らの抽象度を上げる。

 

そして相手のゴール達成をも

可能にしてしまう。

 

そんなことが、

あなたもできるようになるのです。

 

 

 

小松 範之

担当する講座はこちら

相手の心を一瞬で見抜き、抽象度を一気に上げる質問力の使い方

小松 範之 ブログは こちら


Authors

Related posts

Top