IQをアップさせるには


頭のいい人と聞いてどんな人を思い浮かべますか?

・記憶力がいい人
・頭の回転がいい人
・計算が早い人
・なんでもこなせる人・・・
さまざまな頭のよさがありますが、IQテストで数値化する頭のよさもあります。

IQが高い理解力や判断力が高いと言われてます。
とっさの機転が利いたり、決断力がある人ってあこがれますよね。

ではIQとはどうしたらあげることができるのでしょう。

IQのテストとはいろいろな図形から特定の共通点を見つけそこから法則を導き出せるかというものです。

でも問題集があったとしてやりますか?      ......私ならやりません。

そこで抽象度というものを使います。

抽象度とは情報の多さのことを言います。
例えば
柴犬は犬で哺乳類・動物です。
この時 柴犬哺乳類動物  といった感じで抽象度は上がります。
逆に  動物哺乳類三毛猫  と並び替えると抽象度は下がります。

では 次は何がくるでしょう?  『

答えは・・・もちろんです。
あなたは  を見て抽象度を上げて共通する抽象度の動物(哺乳類)を
』から探したんです。
IQテストといっしょです。

抽象度は日常のものを使ってIQアップができるだけではなく、悩みごとの解決を探す手がかりにもなります。

文:新徳有希

担当セミナー
“全”抽象度に自在にアクセスできる感覚を身につけよう!

ブログはこちら

 


Authors
Top