最先端の神経科学の知見から理性と感情をコントロールする方法


皆さん、こんにちは!

マインドアーキテクチャーの文野義明です。

 

Change the World~世界を変えるコーチング~で私が扱う講座内容の紹介をしたいと思います!

表題は私の当日のセミナーのタイトルです!

今回も昨年度に負けず劣らずのクリティカルな講座に仕上がりました!

ご期待ください!!

 

(以下紹介)

私たちは感情を持ち、面白ければ笑い、悲しければ泣く、非常にハリのある人生を謳歌しています。

ですが、しばしその感情に囚われることも少なくありません。

その場の勢いで感情的になったときの判断は、後に後悔することが多いことを知っており、例えば怒りのような感情を酷く嫌い、大抵は抑圧しようと試みます。

 

ですので、私たちは往々にして感情的になることを嫌い、理性的であろうと努力します。

しかし、最先端の脳神経科学の研究から、この考え方では実は上手くいかないことがわかりました。

もっと直接的な言葉に言いかえると、感情とは私たちの行動で源泉であり、感情なくして人の意思決定はできないということです。

さらにいえば、私たちは理性だけで何も結論づけることができません。

これはとても衝撃的な事実です。

 

この驚くべき最先端の脳神経科学の知見から、理性VS感情という二項対立を背景に置きながらきちんと整理し、既存のパラダイムを超えた、理性と感情との合理的な向き合い方とそのコントロール法をインストールすることが本講座の目的です。

 

どんなときも感情的になることのない、理性的な人間を目指すことが社会の模範的な姿とされ、社会は私たちにそうなることを要請します。

しかしそのパラダイムでは私たちのゴールを達成するためのマインドの使い方としては、残念ながら全く通用しないでしょう。

理性と感情の脳神経科学の知見に則った正しいコントロール術を学び、正しい意思決定を通じて、ゴールを最短で達成していきましょう!

 

現状の外側における気持ち悪さを、楽しさに書き換えます!

 

文責:文野義明(ブログはこちら


Authors

Related posts

Top