100%あなたの味方になってくれた人ってどのくらいいますか?


「人生を変えるコーチングの魔法!」と称して、三木さんとコラボートークさせていただく杉原悦月(えつき)です。

実は今回のトーク、私自身がとても楽しみにしています。

三木さんはジャズミュージシャンをされていて、コーチングで学んだことを音楽で活かしておられ、楽器を弾きながらコーチングできてしまう方です。

お話を聞いているととても興味深いです。

すごくコーチングマインドができている人のように思います。

コーチはクライアントがゴール達成できるように導いていきますが、三木さんは常にそれを意識されているか、すっかり身についているのか、、、。

彼と話をしていると、聞いている人はエフィカシーが上がり、できる気になってくるでしょう。

エフィカシーとは「ゴールが達成できるという自己能力の自己評価」ですから、エフィカシーが高まると自然とできる気やる気になってきます。

これはけっこう気持ちいいです。

なぜならいつのまにか不安や怖れがなくなり、「大丈夫だよ、できるよ!」という気になっていますから。

怖れの原因を探したり、「私のこれが手放せないと次にいけないんです」なんて思わなくていいです。

エフィカシーがあがると、それ以前の不安な状態を思い出せなくなっていくんですね。

苫米地式コーチングは自然とこの状態を作っていくところがすごくいいなと私は思います。

場合によっては、揺さぶりをかけて自我を揺らがすこともありますけど。

コーチは、100%  クライアントの味方をする人です。

あなたの人生で、100%あなたの味方になってくれた人ってどのくらいいますか?

ひとりでもいたらラッキーだと思います。

人は100%味方になってくれる人がいるととても強くなれます。

私も学ぶことが多くなりそうなこのトーク、楽しみです!

文責:杉原悦月

担当講座:人生を変えるコーチングの魔法!


Authors
Top